2015年 8月 の投稿一覧

【朗報】佐賀藩10代藩主鍋島直正公の銅像募金は目標を3千万円上回り無事に達成

こちらは郷土の殿様の銅像を建設するにあたって募集していた募金がなんと3千万円も上回って無事に達成したそうです。

直正公銅像建設の募金、1億3900万円集まる

佐賀藩10代藩主鍋島直正(1814~71年)の銅像再建を目指す「鍋島直正公銅像再建委員会」(井田出海会長)は10日、建設費の募金が目標を3千万円上回る1億3900万円に達したと発表した。再建場所は佐賀市の佐賀城公園内の二ノ丸跡(鯱の門北東)とし、銅像の高さや向きも今月中に決める。2017年3月完成を目指す。

佐賀新聞
http://www.saga-s.co.jp/news/saga/10101/206701

去年から募金が開始されて1口5千円の個人募金が1322件、1口5万円以上の法人募金が272件だったそうです。なんだか計算が合わないような感じがしますが、法人募金が相当集まったのでしょうか。

以前あった銅像は台座を含めて10mにもなったそうですけど、今回の銅像はどのような姿になるのでしょうか。

鍋島直正公は幕末に活躍した人物です。日本初の反射炉も鍋島直正が作ったと言われています。Wikipediaもぜひご覧になってくださいね。

鍋島直正
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%8D%8B%E5%B3%B6%E7%9B%B4%E6%AD%A3

【悲報】福井県小浜市の小浜城復元募金、目標の10分の1以下しか集まらず期間延長へ

旅行に行くとついつい城に立ち寄ってしまったりするのですが、あの巨大な建造物を維持するのにはかなりの費用がかかりそうです。福井県小浜市には小浜城と言うお城があり、現在は天守閣もなく城跡に石垣があるだけみたいなのですが、そこに天守を復元しようという計画があるそうです。

でも復元するといってもタダではできないわけで、募金を募っているようなのですが・・・。

小浜城:復元募金1500万円、期間延長へ 目標の10分の1以下 /福井

若狭地方のシンボルとなるよう小浜城天守閣を現存する設計図に基づき復元しようと、小浜市は2004年から10年間で2億〜3億円を目標に寄付金を募ってきたが、今月の集計で約1579万円にとどまっている。目標にほど遠い現状に、担当者は「期間を延長して募金をお願いしている」と話す。

毎日新聞
http://mainichi.jp/feature/news/20150730ddlk18040657000c.html

10年間で目標3億円、でも集まった金額が約1579万円だとかなり絶望的な感じですね。期間を延長するみたいですけど、全体の復元費用は10億円にもなるとのこと。寄付控除も受けれたり、「城主証」という特典(1万円以上寄付)をもらえたりするみたいですけど、はたして集まるのかどうか。

もしかしたら市民もそんなに乗り気ではないのかもしれません。とは言え周知のやり方がまずかっただけで皆知らないだけかもしれないので、ご興味ある方は小浜市のホームページを確認してみてはいかがでしょうか。

http://www1.city.obama.fukui.jp/obm/rekisi/castle/xcastle0.html

トップページにリンクが貼っていないのもよくないですね。ふるさと納税のページにも掲載すればもう少し集まるかもしれませんけど。と言うよりもふるさと納税の寄付先のひとつに追加してもいいかもしれません。

甲子園に出場する高校球児じゃないけれど、大学野球も募金を集めています

今年も夏の甲子園、全ての出場校が決まり、各出場校の方たちは遠征の準備でてんやわんやなのではないでしょうか。特に応援団を派遣するとなるとバスの手配やら場合によっては宿の手配も必要になりますよね。

甲子園に出場する高校は、「甲子園」という知名度で在校生やOB、その親などから寄付金や援助金などがあるかもしれませんが、実は全国大会に出場する大学生はかなり苦労しているみたいなんです。

全国大会決めたのに…熊本大球児、募金しても遠征費不足

全国高校野球選手権大会出場を決めた九州学院より一足早く、全国大会への切符を手に入れた「大学球児」がいる。熊本大準硬式野球部。5年ぶりに全国大会出場を決めたが、試合会場の石川県へ遠征する費用が足りず、ユニホーム姿で熊本市中心部の街頭に立って募金活動をしてもさらに足りず、支援を呼びかけている。

朝日新聞デジタル
http://digital.asahi.com/articles/ASH7F5V0GH7FTLVB012.html

大学野球の全国大会とはいえ知名度的にはやはり高校野球の甲子園とはかなり差がある印象です。全国大会自体は石川県で行われるみたいですが、記事よると遠征費は450万ほどかかると言うこと。もちろん選手たちも負担しますが、それでも100万円程度足りないみたいです。

時間がないのでクラウドファンディングは活用できなさそうですが、募金が集まって試合に集中できる環境が整えばいいですね。