2016年 5月 の投稿一覧

クリック募金の前の基礎知識「レッドリボン」って何?

クリック募金とは、募金ボタンをクリックすることでNPO団体に無料で募金することのできる仕組みです。

スポンサー企業がクリックした人の変わりにお金を寄付するため、クリックした人には一切お金がかからないのです。
クリック募金による寄付はさまざまなものに活用されており、世界の飢餓の撲滅や途上国での教育、医療支援、環境保全活動などの社会問題の解決のサポートとなっています。
そんなクリック募金の支援活動の一つがレッドリボン募金です。

レッドリボンとは、エイズウイルスやHIV感染症に関する正しい知識の普及啓発や、NGO・NPOへの助成金の交付を通じて患者や感染者の社会的支援などを行ないながら、偏見をもったり差別をせず、理解して支援を行なうための世界的な社会運動を象徴しています。
レッドリボンは元々はヨーロッパの古い風習で、亡くなった人への追悼の気持ちを表すものですが、アメリカでエイズが社会問題になってきた1980年代の終わり頃に、演劇や音楽で活動してきたニューヨークのアーティストにもエイズが広がってしまい、倒れたり亡くなってしまうアーティストが増え、そんな仲間を追悼する意味とエイズに対する理解と支援の意志を示すためにほかのアーティストがシンボルとした運動が始まり、後にその考えに共感した人達によって世界的な運動になっていったのです。
クリック募金などで集まった寄付は、各地で活動しているエイズに関わる民間ボランティア団体の行なう事業への助成金や、エイズ患者やHIV感染者の人達の社会的支援事業への助成、電話相談事業への助成やエイズを予防するための活動に関する助成、イベントやキャンペーン、活動を後方支援するための事務局の運営費などに使われています。
クリック募金による寄付金は「寄付金等取扱規程」に則り、有効に活用されていきます。
HIVを撲滅させるためには、このような活動をこつこつと続けていくことが大切です。

クリック募金の前の基礎知識「ホワイトリボン」って何?

ウェブ上には、多くのクリック募金がありますが、単にクリックをするだけではなくその目的を理解した上でクリックをすることで、その場限りの寄付に貢献するだけではなく、意識を持ったり関心を持ち続けたり出来るようになるのではないでしょうか。

たとえば、ホワイトリボンという名称の活動がありますが、これは、どんな活動をしているかご存知でしょうか。

途上国の女性は妊娠や出産することで、日本では想像も出来ないほどの高い死亡率があります。

今現在、開発途上国では、多くの女性が妊娠や出産が原因で大切な命を落としてしまう悲惨な状態が続いています。

原因は、栄養失調、衛生環境の劣悪なこと、妊娠や出産に関する技術と知識が不足していること、保健や医療サービスが欠けていることなど様々です。

途上国のお母さん、赤ちゃんの命を救うために、ホワイトリボン運動が開始されています。

現在では世界的な規模に広がりを見せ、団体や個人が、ホワイトリボンの活動を積極的に行いお母さんが安全に妊娠や出産を迎えられる環境を目指しています。

こういったホワイトリボンの活動をクリック募金の前に基礎知識として知っておくことで、クリックをするわずかな行為にも関心度が高まるのではないでしょうか。

また、目的を知った上でクリック募金をすれば、何らかの機会でホワイトリボンと言う言葉を耳にしたり目にしたりした時にも、何も基礎知識が無かった時に比べると、関心が高まるでしょう。

知っておいた上で、クリック募金を行うことを活動をしている人たちも期待を込めているのではないでしょうか。

草の根で活動している団体にとって、クリック募金をすることだけではなく、その目的を正しく理解して世界中に現状をアピールすることも多くの方々のクリック一つでも、やがては世界的な妊娠や出産で命を落としている人たちの環境を改善する一歩につながると期待されているでしょう。

クリック募金は、たくさんの目的がありますがそれぞれの目的を正しく理解した上で、クリックすることがより社会貢献になるのではないでしょうか。

知っておきたいクリック募金の仕組み

ウェブ上で募金が出来るのがクリック募金ですが、その仕組みに疑問を抱いている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

なぜ、クリックした人の負担もなく募金が出来るのか、初めて利用する人は、怪しいものではないのかと感じた方も少なからずいるでしょう。

クリック募金は、「募金をする」といったバナーをクリックするだけで、クリックした本人の金銭の負担はなく、スポンサーとなっている企業からNPOなどへ寄付がされます。

このため、本人にとっては単にクリック募金のバナーをクリックするだけで済むので、仕組みを理解していないとこうした疑念や不安も持ってしまう可能性もあるでしょう。

そのためにも、どういった仕組みで、NPOなどへの寄付が出来るのかを正しく理解しておく必要があります。

一般的に、クリック募金は、1日に1回などの制限がありますし、寄付金の上限も設定されているところもあります。

募金をたくさんしたいからといっても、何度もクリックすることが貢献できるわけではなく、スポンサー側としては、1日に1回であっても、毎日継続して長くクリックをし続けることを期待しています。

具体的なクリック募金の金額が気になる方もいるでしょう。ほとんどは、1回のクリックで1円の寄付になります。

クリックをすることで、スポンサーである企業のサイトに移動するようになっているので、スポンサーは社会貢献の役割を担っていることをアピールできるでしょう。

さらに、企業への信頼度も増してきます。

また、企業のサイトに移動をしてもらえることで、自然に商品やサービスを宣伝できるチャンスがあると言うメリットもあります。

一方、クリックをする人も、クリックをするというほんのわずかな時間でも、金銭的な負担はしないけれど社会貢献の一部に参加できるようになります。

こうした仕組みが運用されていることを活かしたウェブ上ならではの募金に参加してみることは、たやすい方法だと言えるのではないでしょうか。