クリック募金

クリック募金の前の基礎知識「レッドリボン」って何?

クリック募金とは、募金ボタンをクリックすることでNPO団体に無料で募金することのできる仕組みです。

スポンサー企業がクリックした人の変わりにお金を寄付するため、クリックした人には一切お金がかからないのです。
クリック募金による寄付はさまざまなものに活用されており、世界の飢餓の撲滅や途上国での教育、医療支援、環境保全活動などの社会問題の解決のサポートとなっています。
そんなクリック募金の支援活動の一つがレッドリボン募金です。

レッドリボンとは、エイズウイルスやHIV感染症に関する正しい知識の普及啓発や、NGO・NPOへの助成金の交付を通じて患者や感染者の社会的支援などを行ないながら、偏見をもったり差別をせず、理解して支援を行なうための世界的な社会運動を象徴しています。
レッドリボンは元々はヨーロッパの古い風習で、亡くなった人への追悼の気持ちを表すものですが、アメリカでエイズが社会問題になってきた1980年代の終わり頃に、演劇や音楽で活動してきたニューヨークのアーティストにもエイズが広がってしまい、倒れたり亡くなってしまうアーティストが増え、そんな仲間を追悼する意味とエイズに対する理解と支援の意志を示すためにほかのアーティストがシンボルとした運動が始まり、後にその考えに共感した人達によって世界的な運動になっていったのです。
クリック募金などで集まった寄付は、各地で活動しているエイズに関わる民間ボランティア団体の行なう事業への助成金や、エイズ患者やHIV感染者の人達の社会的支援事業への助成、電話相談事業への助成やエイズを予防するための活動に関する助成、イベントやキャンペーン、活動を後方支援するための事務局の運営費などに使われています。
クリック募金による寄付金は「寄付金等取扱規程」に則り、有効に活用されていきます。
HIVを撲滅させるためには、このような活動をこつこつと続けていくことが大切です。

クリック募金の前の基礎知識「ホワイトリボン」って何?

ウェブ上には、多くのクリック募金がありますが、単にクリックをするだけではなくその目的を理解した上でクリックをすることで、その場限りの寄付に貢献するだけではなく、意識を持ったり関心を持ち続けたり出来るようになるのではないでしょうか。

たとえば、ホワイトリボンという名称の活動がありますが、これは、どんな活動をしているかご存知でしょうか。

途上国の女性は妊娠や出産することで、日本では想像も出来ないほどの高い死亡率があります。

今現在、開発途上国では、多くの女性が妊娠や出産が原因で大切な命を落としてしまう悲惨な状態が続いています。

原因は、栄養失調、衛生環境の劣悪なこと、妊娠や出産に関する技術と知識が不足していること、保健や医療サービスが欠けていることなど様々です。

途上国のお母さん、赤ちゃんの命を救うために、ホワイトリボン運動が開始されています。

現在では世界的な規模に広がりを見せ、団体や個人が、ホワイトリボンの活動を積極的に行いお母さんが安全に妊娠や出産を迎えられる環境を目指しています。

こういったホワイトリボンの活動をクリック募金の前に基礎知識として知っておくことで、クリックをするわずかな行為にも関心度が高まるのではないでしょうか。

また、目的を知った上でクリック募金をすれば、何らかの機会でホワイトリボンと言う言葉を耳にしたり目にしたりした時にも、何も基礎知識が無かった時に比べると、関心が高まるでしょう。

知っておいた上で、クリック募金を行うことを活動をしている人たちも期待を込めているのではないでしょうか。

草の根で活動している団体にとって、クリック募金をすることだけではなく、その目的を正しく理解して世界中に現状をアピールすることも多くの方々のクリック一つでも、やがては世界的な妊娠や出産で命を落としている人たちの環境を改善する一歩につながると期待されているでしょう。

クリック募金は、たくさんの目的がありますがそれぞれの目的を正しく理解した上で、クリックすることがより社会貢献になるのではないでしょうか。

知っておきたいクリック募金の仕組み

ウェブ上で募金が出来るのがクリック募金ですが、その仕組みに疑問を抱いている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

なぜ、クリックした人の負担もなく募金が出来るのか、初めて利用する人は、怪しいものではないのかと感じた方も少なからずいるでしょう。

クリック募金は、「募金をする」といったバナーをクリックするだけで、クリックした本人の金銭の負担はなく、スポンサーとなっている企業からNPOなどへ寄付がされます。

このため、本人にとっては単にクリック募金のバナーをクリックするだけで済むので、仕組みを理解していないとこうした疑念や不安も持ってしまう可能性もあるでしょう。

そのためにも、どういった仕組みで、NPOなどへの寄付が出来るのかを正しく理解しておく必要があります。

一般的に、クリック募金は、1日に1回などの制限がありますし、寄付金の上限も設定されているところもあります。

募金をたくさんしたいからといっても、何度もクリックすることが貢献できるわけではなく、スポンサー側としては、1日に1回であっても、毎日継続して長くクリックをし続けることを期待しています。

具体的なクリック募金の金額が気になる方もいるでしょう。ほとんどは、1回のクリックで1円の寄付になります。

クリックをすることで、スポンサーである企業のサイトに移動するようになっているので、スポンサーは社会貢献の役割を担っていることをアピールできるでしょう。

さらに、企業への信頼度も増してきます。

また、企業のサイトに移動をしてもらえることで、自然に商品やサービスを宣伝できるチャンスがあると言うメリットもあります。

一方、クリックをする人も、クリックをするというほんのわずかな時間でも、金銭的な負担はしないけれど社会貢献の一部に参加できるようになります。

こうした仕組みが運用されていることを活かしたウェブ上ならではの募金に参加してみることは、たやすい方法だと言えるのではないでしょうか。

クリック募金~1円でできる社会貢献活動のススメ~

欧米諸国に比べて募金や寄付という考えが根付いていない日本でも、東日本大震災以来、多くの人がボランティアや募金に関心を持つようになりました。

社会全体がそのような気持ちを持つことを推進するようにもなったのです。
震災の現地に行き、ボランティアとして活動した人も沢山いらっしゃいます。街中でも、募金箱をあちらこちらで見かけるようになり、募金している人の姿もよく見かけます。
しかしながら、「もっと進んで社会貢献活動をしたいけれども、何をしたら良いのかわからない」「現地に行くことはできないけれども、何か貢献できることはないだろうか」などと思っていらっしゃる方は多いことでしょう。
実は、そんな方にオススメの社会貢献活動があるのです。それは、現代のWEB社会に即した活動です。支援サイトからクリックするだけで募金ができるクリック募金というものです。
クリック募金では、あなたが1クリックするごとに1円が募金されます。WEBでサイトを検索して支援したい活動を選んでクリックするだけです。あなたの1クリックが人の命を救ったり、森林の再生や砂漠化防止に役立ったりするのです。
クリック募金ならパソコンやスマートフォンでできるので、いつでもどこででも社会貢献活動をすることができます。まとまった金額をしたいと思えば、何度もクリックすれば良いのですし、毎日少しずつ募金を続けることもできます。
また、ひとつの支援だけでなく様々な支援をすることも可能です。
かつての社会貢献活動のように、足を運んで時間をかけなければ出来ないものではないので、クリック募金なら忙しい方でも気軽に始めることができます。
まだまだ欧米諸国には追いついていませんが、日本でも広まりつつあるこのクリック募金は、まさに現代の募金活動と言えます。今まで何もしていなかった方、何をしたら良いのかわからなかった方に、ぜひ知ってほしい活動です。
クリック募金は、あなたが今日からすぐに始めることができる社会貢献活動なのです。

クリック募金はインターネットでできる立派なボランティア

世界中で募金活動を行っている場面を見ることができますよね。

国内でも古くから行われている活動になり、募金箱を所定の場所に設置している場合や、街頭などで募金箱を手に持って募金してくれる方々を募っている場面も見ることができるでしょう。

しかし、これらの方法は一定の効果を上げることはできますが、募金をする側に立ってみると、わざわざ足を止めて募金を行ったり、財布をバッグなどから取り出してお金を入れる方法になることから、中には面倒に感じてしまうことが多いことも実情でしょう。

現在ではインターネットを使うことが一般的に普及していて、パソコンの他にも携帯電話からでもアクセスすることを可能にしていますよね。

インターネットでも募金活動を行っているものを見つけることもでき、その中にはクリック募金と呼ばれているものを見る機会もあるでしょう。

クリック募金に関しては、その名称通りにバナーなどをクリックする方法で自動的に募金できるシステムになり、非常にお手軽に募金活動を行うことができて、尚且つ負担に感じないことも大きなメリットでしょう。

クリック募金として専用のサイトを用意しているものも多数見つけることができ、自然環境を保護する内容や、恵まれない人々を救うための募金であったり、クリック募金にも様々な目的というものが設定されていますよね。

ボランティア活動などを積極的に行っている方であれば、普段から募金活動を行う方も多いものですが、クリック募金の場合ではインターネット上で行う活動になることから、ボランティアにそもそも興味を持っていない方でも気軽に参加することができるでしょう。

実際にクリック募金は立派なボランティア活動として成り立っていることになり、誰でも気軽に参加できる上に、人の役に立つことができるので、クリック募金を見掛けた方ならば、迷わずにクリックをしてみることもおすすめです。

サイトは複数のものが用意されているので、お気に入りのものを見つけてみることもよい方法ですよね。

クリック募金で、子どもたちに本との出会いをプレゼント!

子どもたちの本離れ、活字離れが進む中、その流れに歯止めをかけようとさまざまな取り組みが行われています。今回はその一つ、クッリク募金を使って小学校に本を寄贈しようという日本語検索サービスを提供するJWordの取り組みを紹介します。

引用文:Yahoo!ニュース

JWordは8月28日、各地の小学校に書籍を寄贈する社会貢献活動「子供たちに素敵な本との出会いをプレゼントしよう!(JWord本プレ)」を開始した。同活動では、サイト内にある本の推薦コメントをFacebookでシェアするか、ボタンをクリックすることで「ご縁(5円)」を仮想的に募金することができる(1人1日20回まで)。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140828-00000039-it_ebook-sci

JWordが8月28日から開始した社会貢献活動「子供たちに素敵な本との出会いをプレゼントしよう!」は、特設サイトにある小学生・書店員・出版社などが選んだ「小学生にご縁をあげたい本(=小学生に読んでもらいたい本)」のリストから好きな本を選んで、その本の推薦コメントをクリックするか、Facebookでシェアすることで「ご縁(5円)」が仮想的に募金されるというもの。募金が100万円を達成すると、全国の小学校5校へ各20万円分の書籍がプレゼントされます。

本の寄贈先となる小学校については、募金が70万円に達したところで別途、募集されるそうです。また募金ボタンをクリックした後、設置されたフォームから寄贈先の小学校を投票することもでき、その結果一番多くの票を獲得した小学校から順に5校が選出されます。同活動はこれまで7回実施され、寄贈書籍は累計5,994冊、寄贈小学校は累計87校に上ります。

あなたも好きな本を選んで推薦をクリック、そして本を届けたい小学校に投票してみてはいかが。

・JWord「子供たちに素敵な本との出会いをプレゼントしよう!」特設サイト

http://honpre.jword.jp/eighth/Kichijoji / 吉祥寺 #09

手軽なクリック募金

募金、振込みは面倒、時間がない、募金箱は人目が気になる・・と言うような理由でもったいない回避をされていることが結構多いです。こんなときに1番有効なのがクリック募金、クリックするだけでポイントなどが自動的に募金されるものです。

代表的なのはヤフーネット募金、ヤフーポイントはTポイントとも連動していますので、あまり使わないお金をそのまま募金出来ます。ヤフー募金のいいところは、かなり多くの選択肢から募金先を選べること、端数のポイント切りたいな・・というときに、援助したい分野にそのままお金の支援が出来るんです。

他にもセブン銀行、KDDIキボウのカケラ、コスモ石油、通販のベルメゾンなどなど各業界にたくさん存在します。 ところで、クリックだけでなぜ募金が出来るのか、不思議ですよね。通販サイトなどは商品の料金に含まれています。そういうケースが1つと企業にして見ればサイトを見てもらうこと自体が無料広告ですよね。その広告費に募金代が含まれているんです。

アクセスしないとクリックしようがないですからね~。 また、ちょっと進んだ方法としては、アンケートやネットショッピングでポイントを溜めるのが簡単に出来るお得な世の中、各種ポイントを交換するのも流行ってますね。

そういうポイントを募金することも可能、ちょっと節約、アンケート1件をボランティア気分で回答、と言うのもなかなか良いと思います。ただしたまに怪しい団体の詐欺というのもあるので、慣れたサイトで募金するのが安心です。