大釜が募金箱に! 新潟県長岡市の歳末助け合い募金。

Pocket

新潟県長岡市の大釜募金箱!

 

募金まとめBLOGではこれまでいろいろな募金箱を紹介してきましたが、今回は一風変わった募金箱、大釜を使った募金ニュースを紹介します。

引用文:読売新聞(YOMIURI ONLINE)

長岡市の冬の風物詩で歳末助け合い募金を入れる「慈善釜」(幅約1・5メートル、高さ約1・7メートル)が、今年から同市寺島町の仏壇販売会社「トーア長岡本店」に場所を移して設置されている。25日まで。

http://www.yomiuri.co.jp/local/niigata/news/20141211-OYTNT50344.html

大釜を設置するのは、新潟県長岡市にある仏壇販売会社トーア長岡本店。同社は昭和56年から毎冬この時期にJR長岡駅前に大釜を設置し、「歳末助け合い慈善釜」として募金を呼び掛けてきました。33回目となる今年はこれまでの駅前からトーア長岡本店に移し、25日まで行われます。

大釜の大きさは、直径1.5m、高さ1.7m、重さ50kgあまり。ふだんは仏像の埃や汚れを落とす洗浄釜だそうで、この時期になると市民の善意を集める募金箱に変わります。

設置当初は5万円ほどだったのが、今では100万円を超える募金が集まり、募金は全て市社会福祉協議会を通じて地域の福祉活動に使われます。同社の浅野裕子副社長も、「地域の方々の善意と助けを必要としている人を結ぶ橋渡しとして続けていければ」と話しています。長岡市民に親しまれている大釜の募金箱、これからも冬の風物詩として長く活躍して欲しいですね。

SNSでもご購読できます。