公益法人と大学のコラボ企画から生まれた“寄付したくなる”募金箱、運用開始へ。

Pocket

公益法人と大学がコラボ「寄付したくなる募金箱」

募金箱にも設置の場所や方法で集まる募金額が違ってくるというニュース(5月28日付『知っている?募金箱の設置にもTPO』)を紹介しましたが、今回は公益法人と大学のコラボレーション企画で生まれた“寄付したくなる”愛らしい募金箱のニュースです。

引用文:神戸新聞NEXT

神戸芸術工科大学(神戸市西区学園西町8)で製品デザインを学ぶ学生たちが「寄付したくなる」をテーマに手掛けた、アクリル製の募金箱が完成した。プレゼント用包装箱を模した形状や、笑った口の形をした硬貨投入口など、愛らしいデザインが魅力。今後、量産品が兵庫県内各地の商店などに設置され、災害被災地を支援するNPOなどへの助成に寄付金が生かされる予定だ。

http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/201411/0007514960.shtml

 

兵庫県のNPOや市民団体を支援する公益財団法人ひょうごコミュニティ財団は、『募金箱によるNPOと市民の「接点」拡大プロジェクト』の一環として、神戸芸術工科大学と共同で新しい募金箱の開発を進め、このほど作品のお披露目が行われました。製作にあたったのは同大プロダクトデザイン学科の3年生有志6人で、“寄付したくなる”をコンセプトに、2ヶ月あまりかけて計8作品を完成させました。

できあがった募金箱はアクリル製で、赤いリボンをあしらったプレゼントボックス型の募金箱や硬貨投入口が笑顔の口の形をしている募金箱など、どれもアイデアいっぱいの力作揃い。8作品の中から2作品(下記のリンク参照)の運用化が決定し、作品を手がけた一人、佐藤由希さんは「誰かにプレゼントをする感覚で募金をしてくれたら」と話しています。

ひょうごコミュニティ財団では今後、県内各地の企業や商店などに新しい募金箱を設置し、集まった募金を基に、子どもや障がい者、災害被災地などを支援するNPOや市民団体の助成に活用していくそうです。町のあちこちで見掛ける募金箱も、こんな愛らしいデザインだと道行く人の目にとまり、募金額も増えるかもしれませんね。

 

・“寄付したくなる”募金箱(神戸芸術工科大学HPより)

http://www.kobe-du.ac.jp/2014/11/45898/

SNSでもご購読できます。