1万人の子どもへ暴力防止プログラムを 横浜のNPOがクラウドファンディングをスタート!

Pocket

神奈川県内のひとりでも多くの子どもたちにCAPを実施しよう〝1万人の子どもへCAPを届けるキャンペーン〟を実現するため横浜のNPOが寄付を募っているニュースを9月24日付のこのサイトでも紹介しましたが、広く支援を呼びかけようとクラウドファンディングREADYFORでプロジェクトが立ち上がりました。

誘拐やいじめなど子どもが被害にあう事件報道があとを絶ちません。

心配だからといって、おとなが子どものそばにずっとついていることもできません。

CAP(子どもへの暴力防止)プログラムは、子どもが自分自身で自分の身を守ることができることを考える人権教育プログラム。これまでCAPを開催するためには学校などが費用を負担してきました。

 目標資金は60万円で期間は12月30日まで

1万人の子どもにCAPを届けるためのこのキャンペーンでは小学校で250クラス(@40人)に対して実施。そのうち、来年7月末までに実施を予定しているプログラム提供にかかる、スタッフの交通費と配付資料代60万円が必要とのこと。今回チャレンジの対象にしている小学生向けCAPプログラムは、1クラスにつきCAPスペシャリストが3名入り、ワークショップ形式で行います。

支援の使い道

CAPプログラムを実施するには、通常は1クラスにつき、2万円の経費がかかるといいます。1万円分はスタッフのボランティア、残り1万円を寄付で賄いながら進めていく計画です。

多くの子どもたちがCAPを体験することによって、子どもたち自身が、自分に力があり、大切な存在と気づくことができます。「子どもたちは、プログラム終了後、輝くような笑顔に・・また、虐待、いじめなどの早期発見にもつながります」と支援を呼びかけています。

クレジットカードを使って気軽に支援ができるクラウドファンディングでNPOの支援をしてみませんか。

詳細はこちらのサイトへ

https://readyfor.jp/projects/empkng2014

SNSでもご購読できます。