イラストを描いて、アフリカの子どもたちに安全な水を届けよう!

Pocket

アフリカの子どもたちに清潔で安全な水を提供するためのユニセフ(国連児童基金)の支援プロジェクト「TAP PROJECT」。このサイトでもプロジェクトに参加した京都市上下水道局(7月16日付記事)や読売巨人軍(8月4日付記事)のニュースを取り上げましたが、今回は「TAP PROJECT」の特別企画として新たに始まった「TAP WATER RELAY」を紹介します。

引用文:Ameba News

日本ユニセフ、投稿で募金できるイラスト投稿サイトを開設 公益財団法人 日本ユニセフ協会は、8月1日から実施中の募金活動「TAP PROJECT(タップ・プロジェクト)」の特別企画として、インターネット上で投稿されたイラスト1点につき100円がユニセフ募金になる企画「TAP WATER RELAY(タップ・ウォーター・リレー)」を開催した。期間は9月30日まで。

 

http://news.ameba.jp/20140818-42/

「TAP WATER RELAY」はバケツリレーをモチーフにしたオンライン参加型の募金活動。特設のイラスト投稿サイトに人や動物などの絵を描き、それがプロジェクトの支援先アフリカ南東の島国マダガスカルまでバケツリレーで水を運ぶというもの。投稿作品1点につき100円が、投稿者に代わって日本製粉株式会社から日本ユニセフに寄付される仕組みになっています。作品にはタイトルを付けることも可能で、1人あたり何回でも投稿ができます。

「TAP WATER RELAY」は8月14日から始まって25日時点で1500人あまりが参加しています。イラストには犬猫からゾウやカバ、自画像のようなものもあって見ているだけで愉快な気持ちになります。企画終了は9月30日で、日本ユニセフでは一人でも多くの人の参加を呼び掛けています。

百聞は一見に如かず、みなさんも思い思いの絵を書いて、マダガスカルの子どもたちに清潔で安全な水を届けるバケツリレーに参加してみませんか。

・TAP WATER RELAY

http://www.tapproject.jp/water_relay/

SNSでもご購読できます。