セブンイレブンなどコンビニ3社が広島市土砂災害で義援金受付へ

Pocket

広島市北部で起きた土砂災害のニュースが連日報道されています。今も懸命の捜索が続けられている中、被災現場では、土砂災害の影響によって、避難勧告や避難指示が出されており、停電や断水などが広い地域に広がっています。この広島市の土砂災害への義援金受付がいち早くコンビニの店頭で始まっています。

引用文:産経ニュース

コンビニエンスストア大手3社が、広島市の土砂災害への義援金受付に乗り出す。各社ともに店舗に募金箱を設置し、義援金を募る。

http://sankei.jp.msn.com/economy/news/140821/biz14082119330023-n1.htm

セブンーイレブン・ジャパンは、親会社のセブン&アイ・ホールディングスがグループ各社と共同で取り組んでいます。広島の災害だけでなく、長野県南木曽町、京都府福知山市など災害救助法が適用された地区の被災地支援活動に活用するとのこと。ローソンは21日、広島県内のローソン172店舗で22日から9月20日まで実施すると発表しています。ファミリーマートも22日から店頭に募金箱を置く予定だといいます。

ほとんど毎日、コンビニに足を運ぶ人は多いはずです。店頭で募金箱を見つけたら、協力していきたいですね。

SNSでもご購読できます。