重病のモンゴルの生後2か月の赤ちゃんを救おう…手術費募金呼びかけ

Pocket

生まれつき心臓に重い病気がある赤ちゃんを救うために、長野県の医師たちが手術費用に充てる募金を呼びかけているというニュースです。

引用文:毎日新聞

重い心臓病を患う生後2カ月半のモンゴルの男児、アナンド・ムンフ・バヤルちゃんが県立こども病院(安曇野市)で手術を受けることになり、松本市医師会元会長で内科・小児科医の須澤博一さんらが「アナンドちゃんを支援する会」を結成し、手術・治療費約300万円の募金活動を始めた。8月7日まで続ける。

http://news.goo.ne.jp/article/mainichi_region/region/mainichi_region-20140705ddlk20040050000c.html

生まれつき心臓に重い病気があるモンゴルの生後2か月の男児、アナンド・ムンフ・バヤルちゃんを救うため、長野県松本市医師会顧問の須沢博一医師(72)ら有志が手術と治療費約300万円を目指す募金を始めました。

アナンドちゃんは今年4月13日、モンゴル国立医科大学5年生の両親の第二子として首都ウランバートルで生まれましたが、6月上旬に心房と心室の中隔が欠損していると診断されました。そのため、肺への血流量が異常に増え、心肺機能が悪化。命に関わる病状のなか、モンゴルには小児の心臓手術ができる医療施設がありません。両親は主治医から、半年以内に海外で手術を受けるよう告げられたといいます。

6月中旬に旅行でモンゴルを訪れた時に事情を知った須沢医師は現地から県立こども病院(安曇野市)に連絡をし、手術の承諾を得て、「アナンドちゃんを支援する会」を結成して募金活動も始めました。

アナンドちゃんは両親と共に来日し、こども病院で検査を受け、医師と相談しながら手術内容と日程を決めるとのこと。募金の受け付け期間は8月7日まで。振込用紙付きのチラシを松本市内の医療機関に配布しています。

問い合わせは医師会の「アナンドちゃんを支援する会」(0263・32・1631)へ。

SNSでもご購読できます。