世界の王室にちなむバラ533種 バラための募金のお願いも

Pocket

DSC_0543

毎年、バラの開花の時期に限って入苑できる川崎市の「生田緑地バラ苑」の一般公開が5月15日から始まりました。入苑は無料ですが、バラの育成などのための「バラ苑募金」も展開中です。珍しい種類のバラにも出会えますよ。

 

引用:Gooニュース

川崎市多摩区の「生田緑地ばら苑」で15日、春の一般開放が始まった。

http://news.goo.ne.jp/article/yomiuri/nation/20140515-567-OYT1T50048.html

 

生田緑地ばら苑」は、かつては子どもたちのお出かけスポットとして人気を集めた「小田急向ヶ丘遊園」が閉園したあとに開苑しました。園内に整備されたばら苑を、存続を求める多くの市民の声に応えて、2002年に川崎市が引き継いだものなのだそう。周囲を多摩丘陵の樹林地に囲まれ、木々の緑と清涼な空気が体感できる「秘密の花園」としても親しまれ、バラの開花時にあわせ、春と秋の年2回無料で一般公開されています。今年の春の公開期間は5月15日(木)から6月1日(日)まで。苑内にはたくさんのバラが咲き乱れ、春のバラの香りが楽しめそうです。

 

バラ苑開苑は1958年にさかのぼり、当時は「東洋一のばら苑」と賞されたことも。苑内にはバラ文化の豊かさを示す代表的な四季咲き大輪種(HT・ハイブリッドティー)、四季咲き中輪種(FL・フロリバンダ)や、つるバラ(CL・クライミングローズ)、四季咲き小輪種(Min・ミニチュア)などが植栽されております。これらのバラの育成管理については、多くの市民ボランティアによって支えられています。今回もおよそ530種、4,700株のバラが開花しています。

入苑は無料ですが、バラの育成や管理、来苑者へのサービスの向上をめざして「ばら苑募金」が展開されています。公開期間中、ばら苑募金箱にて受け付け。入苑は無料ですが、バラ苑募金への協力を呼びかけています。(財)川崎市公園緑地協会が、ボランティアの協力を得て募金の受付・運営を行っています。市民の手で守られているバラ苑だからこそ、来苑者の支援が大切になってきますね。

 

春の一般公開は平成26年5月15日(木)~6月1日(日)まで(16日間)、5月19日、26日の月曜日はお休みです。平日は午前10時~午後4時30分まで、土日祝は午前9時~午後4時30分まで。  ※ いずれも最終入苑は午後4時までとなります。

SNSでもご購読できます。