いよいよ、奈良にて緑の募金スタート、

Pocket

さて、花見も終わり、しかしまだ八重桜もある、などと思っていましたが、世間は新緑の季節、 緑の羽根募金というのは、季節感を先取りする行事なのですね。粋です。 引用文

緑豊かな郷土目指して – 「緑の募金」に協力呼び掛け

県と県緑化推進協会による「緑豊かな郷土づくり」のための平成26年度「緑の募金」活動の春期街頭募金が12日、奈良市東向中町の近鉄奈良駅前行基広場で行われ、募金協力者には「緑の羽根」や花の種が配られた。

引用元;奈良新聞

参考URL:http://www.nara-np.co.jp/20140413120014.html

さて、なぜ奈良がスタートなのか、単純によそが書いていないのかは解りませんが、今年初の「緑の募金」ニュースは奈良からお送りします。 この記事自体が非常に短かったため、ちょっと過去の活動を調べて見ましたら、募金の金額第1位は「家庭募金」なんですね。 家庭募金とは、家庭単位で出す募金、町内会の集金についているものから、地域のイベントまで実に幅が広いのですよ。

大変お出かけにいい時期でもあるので、この募金活動をきっかけに楽しいイベントをやろう!という感じがしますね。 元々国土緑化のための募金なので、絵のコンクールから、花のお手入れ教室、木工教室と何となく癒されるラインナップ、また地域の人が花壇の手入れをしたり、地域に花を植えたりするのも特徴、お金を集めるだけではなく、実際の募金の主旨にみんなが携われるのです。募金の目的のためにみな動くというのは1番理想ですね。

ちなみに、募金の方は主に国土緑化=森林保全、これはさすがに地域の誰かでやれることではないので、専門職に期待しましょう。

しかし、本当に新緑が美しい季節、これを維持するのは人なんです。当たり前のようににある目の前の植物は、実は多くのみなさんの力が背景にあるのです。 いつになく殊勝ですが、たまには自然に感謝するときを持ちましょう。

SNSでもご購読できます。