東海地区、あしなが募金開始のお知らせ

Pocket

さて、募金の王道ともいえる、あしなが募金の街頭活動が開始です。 今回は東海3県、19,20日、26,27日、午前10時~午後6時となっています。 毎日ではないので、ご注意を!

引用文 19日から3県であしなが募金実施

病気や災害などで親を亡くした高校生や大学生らを支援する「あしなが学生募金」の街頭活動が十九日から四日間、東海三県の十一カ所で実施される。募金は減少傾向にあり、募金などによる奨学金を受けている大学生二人が名古屋市中区の中日新聞社を訪れ、「現状を知ってほしい」と協力を呼び掛けた。

街頭活動は一九六九年から毎年一、二回実施している。あしなが育英会によると、東日本大震災後の二〇一一年春は過去最多の二億八百万円余が集まったがその後は減り、一三年秋は一億一千五百万円余にとどまる。 引用元;中日新聞 URL;http://www.chunichi.co.jp/article/aichi/20140411/CK2014041102000063.html?ref=rank

誰でも知っているといっても過言ではない、あしなが募金の街頭募金開始です。 大学生が呼びかけをするんですね。やはりあしなが募金にお世話になった方々でしょうか。説得力がありますね。 ところで、街頭募金って近寄りがたかったり、何のための募金か解らなくて、遠のいてしまう人って結構いると思うんですよ。

主旨をきちんと解ってもらえるだけで、効果が変わると思うので、せっかく街頭にいるのだから、何か伝えるいい方法がないかなあと思います。直接のコミュニケーションが出来るといいですね。「おもしろい」「役に立てる」が伝わると募金の効果はもっとアップすると思うのですが。

多少ゲーム性があってもいいかもしれないですね。プチくじ引きが出来たりすると、子供が寄ってきて、親子ともに興味を持てますし、何より、子供世代に解ってもらうのが1番大事だと思うのです。

記事の文中に出てくる募金の減額など、確かにお財布が厳しい時代ですが、使うところには出す時代でもあります。効果的な街頭募金・・の案を募るのもいいかもしれませんね。

SNSでもご購読できます。