日本ラグビー協会、財政難につきファンからの募金募集

Pocket

今回はスポーツ、特にスポーツを見るたびに、ちょっと心配&複雑になる「スポーツ」募金です。スポーツは価値観が人それぞれですからね~。

引用文 日本ラグビー協会:W杯日本開催に向け募金呼びかけ

日本ラグビー協会は4日、2019年に日本で開かれるワールドカップ(W杯)に向けた代表強化や開催準備などのため、一般市民から寄付金を募ると発表した。

目的は、15人制と五輪競技となった男女7人制の代表強化▽普及、育成▽W杯開催準備活動−−の三つ。代表強化費は日本開催決定前の08年度の約3億円から増加し、今年度予算で約9億円を計上。一方、同協会は2年連続赤字と財政が苦しく、矢部達三専務理事は「レベルの高い強化が必要な中、何とかして収入を増やさないといけない。まずはラグビーファミリーから、どんどん寄付が増えてほしい」と話した。 引用元;毎日新聞 URL;http://mainichi.jp/sports/news/20140405k0000m050044000c.html

正直、何とも言えない募金です。方法は1番良くあるパターン、昔の広島カープが「たる募金」という方法でお金を集め、市民球団として今に至るのは野球界では有名な話、応援する人が支えるというのは、とても真っ当なんです。 ・・・が、ファンでない人の場合「どうでもいい」と思っちゃうところがあるのが、1番きつい所なんですよねえ。サッカーはW杯は大変盛り上がりますが、ラグビーは「好きな人は大好き」という種目です。 似たような話として、五輪選手がスポンサー探しに苦労すると言いますが、これも「メジャーすぎる競技ではない」という点なんですよね。 だから、スポーツの場合はまず「いろんな人に興味を持ってもらうこと、どんな形でも愛着を持ってもらうこと」が先なんですよ。

1番良いのはスケートでいったら「真央ちゃん、ゆづくん」というアイドルが出てくること、お気に入りの選手がいると競技に関心が持てますよね。しかしラグビー界のアイドルを作ろうと思えば強化資金がいる・・・と、難しい話です。 この募金方法、振込みかカードなんですけど、いろんな地域に試合や教室を開きに行き、募金を集めたほうが見る側との距離感が縮まる=草の根で愛されていくと思うのですが。ファンとスポーツの関係をまじめに考えてしまう募金ニュースです。

SNSでもご購読できます。