募金をしたときの寄付控除指南

Pocket

募金をすると、所得税の寄付控除というものが適用可能です。したがって募金をしたら確定申告をしないと損です。もちろん「寄付をした」証明がないとだめなので、街頭募金箱はだめです。法人宛の寄付はほぼ控除対象になりますが・・募金をするときに「寄付控除申請をするつもりなので」ということは言っておくとよいですね。ユニセフ、あしなが育英会、赤い羽根~などの募金を集めることが主力業務のところは、そういうシステムが最初からしっかりしているので、ラクです。振込みの場合も、たいてい領収を出してもらえます。

さて、この所得税寄付控除、一応きちんと説明しましょう!実は2パターンから選べます。 その1、寄付金総額、2、所得の総額の40%・・のどちらか金額の低い方から2千円を引いた金額が寄付控除、意外にシンプルです。

しかし!!それより得する方法があるのです!「税額控除」なるものがありまして、こちらは(寄付金ー2千円)×40% ・・これを年収500万の人が1万寄付した場合の還付金額にすると、所得控除=800円、税額控除3200円!10万になるとっ9800円と、39.800円というとんでもない差になってしまうのです。

この税額控除なるもの、最近登場したようで確定申告のときは、ぜひ聞かないともったいない気がします。「税額控除って何ですか?」の言葉をお忘れなく。

ところで、これだけ差がつくのはなぜかというと、高額納税者の場合は、逆に所得控除の方が安い計算になるんですね。・・・無縁なお話ですが

SNSでもご購読できます。