海外旅行で使わなかった外貨を募金する

Pocket

Coins

皆さん、海外旅行に行ったことはありますが。海外旅行に行くと現地通貨しか基本使えないので両替をするのですが、日本に帰国したらその通貨は使えません。日本で使うためにはまた日本円に両替しなければならないのですが、持ち帰る通貨も対して大きな額ではなく、両替する手数料も結構かかるためそのままになっている方も多いのではないでしょうか。

そして少しの期間は記念としてもいいかなーなどと思っていて、旅行の思い出を通貨とともに思い出しているのですが、そのうち引き出しの奥にしまってしまい、いつの間にかなくなってしまう、なんてこともあるかもしれません。

そこでこんな記事をご紹介。

外貨募金25万円を寄託へ 倉敷の団体が岡山ユニセフに

倉敷市国際交流協会は22日、発展途上国の教育支援のために市民から募った外貨を集計した。日本円換算で約25万円が集まり、2月中に岡山ユニセフ協会(岡山市北区石関町)に寄託する。

同国際交流協会事務局の市国際課に募金箱を置き、海外から持ち帰って日本円に両替できない硬貨や少額紙幣を募った。昨年10月に開いた「倉敷国際ふれあい広場」での募金を含め、1年間に寄せられた額を集計した。

山陽新聞
http://www.sanyo.oni.co.jp/news_s/news/d/2014012309531316

こんな感じで持ち帰って、特に使い道のない海外の通貨も募金に回すと有効に使えるかもしれませんね。日本ユニセフでも同様の外貨募金を行っているそうなので、もし引き出しの中に眠っている外貨があれば募金してみてはいかがでしょうか?

SNSでもご購読できます。