阪神淡路大震災から19年、愛知の中高生の募金で奨学金

Pocket

今日で阪神淡路大震災から19年を迎えます。私はその頃高校生で被災地からは離れた場所に住んでいましたが、朝起きてニュースを見たときの衝撃は忘れられません。

その阪神淡路大震災で親を亡くした子供たちに奨学金を送ろうということで、愛知の中高生を中心に奨学金を集めるための募金活動が続けられていたそうですが、今年でその活動も終えて、今度は東日本大震災で両親を亡くした遺児の支援活動に注力するするそうです。

阪神大震災:延べ554人に奨学金 愛知の中高生募金

団体は「大震災でお父さんお母さんを亡くした中学生高校生に奨学金を贈る中学生高校生の会(奨学金を贈る会)」。震災直後に被災者支援の街頭募金をした愛知県内約50校の中高生約200人が95年2月に結成し、毎月17日に寄付金集めすることを決め、街頭に立った。後輩に引き継がれ、メンバーは延べ約9000人で、今も約20人が参加する。兵庫県南部の中高校で希望者を募って年3万〜8万円を贈り続けてきており、奨学金は総額約3100万円に上る。

http://mainichi.jp/select/news/20140117k0000m040082000c.html

私は阪神淡路大震災の被災者ではなく、被災地である兵庫県には震災後に仕事で一回だけいっただけだったため、正直今となってはあまり気にならなくなってしまっていたのですが、この募金のように19年間も続けられているのにはかなり驚きでした。

同じような活動がもしかしたら他の地域や団体でも行われているのかもしれません。継続してこられた団体の方、本当にお疲れさまでした。

SNSでもご購読できます。