知っておきたいクリック募金の仕組み

Pocket

ウェブ上で募金が出来るのがクリック募金ですが、その仕組みに疑問を抱いている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

なぜ、クリックした人の負担もなく募金が出来るのか、初めて利用する人は、怪しいものではないのかと感じた方も少なからずいるでしょう。

クリック募金は、「募金をする」といったバナーをクリックするだけで、クリックした本人の金銭の負担はなく、スポンサーとなっている企業からNPOなどへ寄付がされます。

このため、本人にとっては単にクリック募金のバナーをクリックするだけで済むので、仕組みを理解していないとこうした疑念や不安も持ってしまう可能性もあるでしょう。

そのためにも、どういった仕組みで、NPOなどへの寄付が出来るのかを正しく理解しておく必要があります。

一般的に、クリック募金は、1日に1回などの制限がありますし、寄付金の上限も設定されているところもあります。

募金をたくさんしたいからといっても、何度もクリックすることが貢献できるわけではなく、スポンサー側としては、1日に1回であっても、毎日継続して長くクリックをし続けることを期待しています。

具体的なクリック募金の金額が気になる方もいるでしょう。ほとんどは、1回のクリックで1円の寄付になります。

クリックをすることで、スポンサーである企業のサイトに移動するようになっているので、スポンサーは社会貢献の役割を担っていることをアピールできるでしょう。

さらに、企業への信頼度も増してきます。

また、企業のサイトに移動をしてもらえることで、自然に商品やサービスを宣伝できるチャンスがあると言うメリットもあります。

一方、クリックをする人も、クリックをするというほんのわずかな時間でも、金銭的な負担はしないけれど社会貢献の一部に参加できるようになります。

こうした仕組みが運用されていることを活かしたウェブ上ならではの募金に参加してみることは、たやすい方法だと言えるのではないでしょうか。

SNSでもご購読できます。